熟女と出会いたい!華の会メールを使った感想

久しぶりに恋に情熱を燃やしてみようかって思ったのが40歳を過ぎてから。

少し遅いんじゃないのと言われそうですが、熟女と出会いたいなら出会い系サイトの「華の会メール」が評判と聞いて使ってみることに。

通常の出会い系サイトって、やっぱり若い世代がメインと言う感じがして、40歳のオッサンでは興味があっても中々尻込みしちゃうんですよね。

それが大人(中高年)の出会いをテーマにしてくれてるってんだから登録しやすいんです。

いろいろお相手探しをしていくと、私なんてまだまだ若輩者、先輩のお姉さまたちが出会いを求めてくれていました。

この歳になっても年上好きがやめられない私にはピッタリです。

結構早めにメッセージなどのやり取りには繋がりまして、意外と簡単なのかなと楽観視していましたが、実際に出会いまでに漕ぎ着けたのは3か月ほど経ってから。

奥手なもので誘い方がイマイチはっきりしないってことで、お相手の女性が「会いたいのか、会いたくないのか、どっちなの」なんて強めなお言葉を頂き、引っ張りだされる形で出会うことになりました。

奥ゆかしさは、もしかするとこういったサイトでは必要ないのかもね。

そして約束の日を迎えます。

お相手は50代前半のマダム、顔は落ち着いた感じで上品な感じ、どちらかと言えば地味系になります。

スタイルも50代にしては、かなり保たれておりすごくいいです。

何でもフラメンコやポールダンス、ヨガなどを常日頃から習っているのだとか、結構なアクティブ熟女です。慣れないデートにも、マダムが主導権を握ってリードしてくれます。

私が予約していたレストランでも、どちらかと言うとマダムがメニューやお酒の選択を潤滑に進めてくれて形無し。

でもこういうのはありがたいです。食事中はマダムからの質問タイム、私に興味を持ってくれているのは良い傾向なのかなと前向きに。

こちらからの質問には、基本オープンですが、ディープなプライベート情報には「ん~どうでしょう」とミスター張りのはぐらかし方。

でも下ネタ系にはノリノリアッチの話は積極果敢、メインのお肉を頬張りながらの肉食獣です。

そろそろ次の展開が欲しい頃、マダムから「どうする」「どうしたい」。大人の色っぽさを漂わせてくるので、正直者の私は「ハイ、お願いします」と返答。

これには大うけのマダム、「ハイ、分かりました」って言ってくれ、マダム御用達の高級シティホテルへチェックイン

フラメンコ仕込みの腰使いは粘りがスゴイ、グイグイッからのもう一回グイッて、それ我慢できないってば。すっかりマダムに骨抜きにされてしまった体験でした。

・使った出会い系サイト↓↓

30歳からの恋愛コミュニティサイト
【まずは無料体験!】

【横浜市・45歳・不動産業の出会い系サイト体験談】